fc2ブログ

大将軍百鬼夜行

今日は、妻と次男で京都大将軍神社の百鬼夜行に行ってきました。

20240420001.jpg

α7ⅲと、LM-EA9の組み合わせで、ペンタックスの35mmとFa77を持って行きました。
このレンズの組み合わせは立体感も雰囲気も申し分ないのですが、結論から言うと微妙でした。
薄暗い場所だとAFが迷うのです。

もう少し純正に近い新しめのレンズが良かったかなぁ・・・持っていないけど

20240420002.jpg

明るくて止まっていたら何も問題ないのですけどね。
ペンタックス35mmです。

出店を冷やかしたり

20240420003.jpg

妻の知っているコロッケ屋でコロッケやなんかを買って食べたりしました。

20240420004.jpg

外国の人多かったです。金魚はどうするのだろう?

さて百鬼夜行
ここからFa77

20240420005.jpg

なかなかの迫力です。

20240420006.jpg

子どもは泣いたりしていました。

20240420007.jpg

AF-Cにしてシャッターを切り、後でピントのましなのを拾っていく感じです。AF-Sだと迷い続けてシャッターが切れません。

20240420008.jpg

ここから再び35mm

まぁ、こういう写真はピントが来てなくてもブレてても「妖怪っぽく」写ったらそれが正解なんですけどね

20240420010.jpg

いっそMFでもよかったかも?

20240420009.jpg

そういうふうに反省したり試行錯誤するのも写真の楽しみの一つだと思います。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング
スポンサーサイト



AFとMF

去年の12月にソニーの20mmとシグマの56mmを買ってからこれらのレンズを中心に使ってきました。

お散歩写真で、こんなに長い間AFばかりを使ったのは初めてでないかな?
先日の疎水での花見では、久しぶりにMFレンズで撮ってみました。

20240413001.jpg

こんな感じ

まぁ、AF・MFなんてのはただの操作の問題だけで出来る写真に変わりはありません。
むしろ、描写の違いのほうが出来る写真に及ぼす影響は大きいと思います。

でも、俺の使い方では、意外にAFでピントを外す率が高いですね。
理由はコサイン誤差だったり、センターにピントが合っているのですがそのセンターの中でも欲しい場所でピントが合っていなかったり。

合焦マークを信用しているせいで本当にピントの欲しい場所を吟味できてないのでしょうね。

後は、AE・AFロックを使っているので、画面を少しずらせて露出を微調整してピントは別の場所にもってくるという使い方がやりにくいです。どうしても露出補正を使う機会が増えてしまいます。

もちろん、使っているカメラのMF支援システムや視力、ファインダーの性能などに左右されますが、動かないものを撮影するお散歩写真なんかでは、明確にAFの優位性を感じることはできませんでした。
もちろん、AFもMFもどちらもいいところと悪いところがあります。

個人的には、現代のミラーレスの強力なMF支援システムがあれば、AFでもMFでもどっちでもいいなぁ・・・
という感じですね。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング

NIKKOR-H・C 5cm F2の分解清掃

今日は、表題のニッコールの分解をしていました。

20240331006.jpg

こんな子なんですけどね

ニッコール千夜一夜物語

ニッコール千夜一夜物語にも載っています。
設計は1935年らしいので、90年前です。
ニコンの製品として発売されたのは、1946年の戦後です。
俺のはH・Cバージョンなので1960年前後なんですかね。

レンズ構成はゾナータイプです。おそらくツアイスの設計の流れだとおもいます。

このレンズは、レンジファインダー用なので、最短撮影距離は3ftちょっとなので1mくらいですが、距離計非連動で45cmくらいまで寄れます。
サイズ感と言い、愛用のNEX-6と組み合わせるとまことに使いやすいレンズです。

LEDで照らすと、内部に少し曇りがありほこりも見られたので分解しました。

20240331005.jpg

フィルターもNIPPON KOGAKU純正

20240331007.jpg

フィルターリングをゴムで回します。

20240331008.jpg

外れた
銘板にゴムを当てて回すと

20240331009.jpg

こんな感じで

20240331010.jpg

前玉群が外れます。
曇りはここにあったので、シルボン紙で拭いて、ブロアーでシューとして組み立てます。

20240331001.jpg

ビフォア

20240331002.jpg

アフター

うーん、あまり変わらんね。
ビフォアのほうが綺麗に見える。

折角なので接写の実験もしてみます。

20240331003.jpg

単体での最短撮影距離
開放です。さすがに甘いです。

20240331004.jpg

ヘリコイド付きのアダプターでさらに寄りました。
絞りはF2.8まで絞りました。
なかなかよいです。1段絞るとずいぶんよくなります。

このレンズ、手に入りやすいし、描写もまぁまぁです。
古いけど、コントラストが高く写ります。テッサーよりは雰囲気のある描写です。
そして寄れるのもいいですね。一眼レフの50mmと同じくらい寄れます。

春の散歩に連れていってやりたいと思い分解清掃してみました。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング

淡路島で撮った写真

コペンで淡路島に行ったときに撮った写真です。

20240325001.jpg

安藤忠雄 淡路ゆめ舞台
光と影の演出が素敵です。
写真は全てシグマの56mmです。これは少し絞っています。

20240325002.jpg

すごいデザインですねぇ
よく建てたものです。これはF2 これくらいの描写が一番好きですねぇ。

20240325003.jpg

先端恐怖症の人には辛いかも?
電話しているのはパソナの中の人かなぁ?
淡路島にはパソナの施設が沢山あります。
ちなみに、「ツノ」は日時計だと思います。

ゆめ舞台にある植物園の写真です。

20240325004.jpg

ピントは上の花のしべ
寄っても描写が破綻しません

20240325005.jpg

自然の造形ってのは凄いですねぇ。
接写の写真はF1.6前後が多いです。
NEX-6は絞り優先モードだと実絞りでファインダーが見えるのでボケ味やボケ量を確認しながら撮れます。

20240325006.jpg

これは、ヒスイカズラ
後ろの玉ボケはLED
ヒスイカズラと玉ボケがいい雰囲気なので撮ってみました。
F2ですがボケは綺麗に円形を維持しています。

オールドレンズ好きの俺ですが、最新のレンズの描写力にはやはり驚きを隠せません。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング

街を歩く

先日、大学時代の友人と飲みに行きました。

大学時代の友人も、もう、初老なので色々と第2の人生の事を考えているようです。
仕事を変えようとしたり、いったんリセットして、自分の生活を見つめなおしたり。

俺の、田舎の土地のことも興味を持って聞いてくれました。
中の一人は、知らない土地を散歩したり、自転車でお遍路したりしたいとのこと。
易しい場所であれば山も行きたいとのことでした。

若いころ、一緒に過ごした仲間は、年をとると趣味が似てくるのでしょうかね。

撮った写真です。

20240313002.jpg

店の名はライフ

20240313001.jpg

梅田の換気塔
村野藤吾さんではないと思うけど、こちらも結構カッコいい

20240313003.jpg

左の「そねざきけいさつ」の下に写っているのが、本物の村野藤吾さんの換気塔

20240313004.jpg

お初天神に手を合わせて帰りました。
夜の長時間露光の写真は、独特の雰囲気と立体感で写ります。

すべて、NEX-6とソニーの20mmです。

30年を経て、同じ学問を志した友人と、また、語り合うのはよいものです。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア