FC2ブログ

ヤマハ A-5を修理(その1)

今日は、起きると11時前でした。良く寝た。年々眠りが浅くなっているのに、こんなに熟睡したのは久しぶりです。

今日は妻が出かけているので、息子たちに昼食をつくってやりました。

20200201001.jpg

得意の「男のチャーハン」です。久しぶりなので息子たちは「うまいうまい」と食べてくれました。

さて、今日は、ヤフオクで落としたアンプの観察です。

20200201002.jpg

これです。
ヤマハのA-5 1979年ごろの発売で45000円だったらしいです。

「ヤマハ A-5」オーディオの足跡

ヤマハのエントリー機種ですね。なぜこのアンプがほしかったのかというと、見ての通りデザインが最高なのですよ。
厚すぎず、薄すぎず、直線と円で構成されたミニマルなデザイン。入力のセレクターは淡い緑色に光ります。

そして、回路も、オペアンプ→差動増幅→ダーリントン接続とベーシックで無駄のない回路に見えます。

私の落とした個体は、電源入りました。音出ません。
で、私しか入札者はいませんでした。

裏面はこんな感じ。

20200201003.jpg

入力も出力も最小限です。必要にして充分かな。

蓋をあけると・・・

20200201004.jpg

これまた、シンプルな構成です。
上段は、入力のセレクターとイコライザーアンプ
下段は左から電源、フィルターとフラットアンプ、プロテクター回路、メインアンプ基盤です。
下段は全ての回路が一枚の基板に載っております。

スイッチの類は、延長シャフトやレリーズを使って最短の場所で切り替えられるようになっております。
誠にまじめなつくりで好感がもてます。

内部は燃えていません。綺麗なものです。
電源を入れてみると・・・

リレーが解除されました。

おっと、これはアタリを引いたかな?内部も燃えておらず、リレーも外れるってことはかなり状態がよいです。
スピーカー端子にはACもDCも大きな電圧は発生していません。

スピーカーを繋ぐと・・・
片チャンネルからが音が出ました。
ボリュームを大きくするともう片チャンネルから音が出ますが、すぐに消えたりします。
歯ブラシの柄でリレーを叩くと、音が不安定になります。

典型的なリレー不調です。

リレーの掃除だけで終わるかな。
しかし、このアンプは少し改造のプランがあるのです。動作品の部品の交換をするのは気が楽で楽しみです。


家族日記ランキング
スポンサーサイト



プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア