FC2ブログ

ヤマハ A-5を修理(その2)

どうも、リレーが不調な感じのするA-5ですが、早速分解しました。

20200202002.jpg

黒い棒の下にある黒い四角いものがリレー
このままでは外せませんが、黒い棒は簡単に

20200202003.jpg

外せますので、あとは裏蓋をあけてハンダを吸い取るだけ。メンテナンス性はかなりよいです。

20200202004.jpg

リレーカバーもすぐに外れました。人の手は入ってなさそうですが、カバーの爪は割れてしまいました。
もろいのかな?

接点を見ると

20200202005.jpg

汚れていますね。

20200202006.jpg

固定側もこんな感じ。左から二つ目は金色が銀色に変色しています。

これを、ピカールをわずかにつけた綿棒で磨くと

20200202007.jpg

このとおりピカピカです。

20200202008.jpg

現物は写真以上に変化があります。
この後、しっかりアルコールで洗って脱脂し

20200202009.jpg

サンハヤトの接点グリスを綿棒につけて撫でます。
このあたりは色々と流派があるのでなんとも言えませんが、個人的には磨いた後はしっかり脱脂して、保護のために油分が少しはあったほうが良いと思っています。別に接点復活材でもよいと思います。
いずれにしてもつけすぎは厳禁です。

折角、裏蓋をあけたので、終段のトランジスタを観察します。

20200202001.jpg

終段は2SD586Aと2SB616Aのコンプリのようです。規格表によれば60Wクラスのトランジスタのようですね。

リレーが正常になったので、試聴すると・・・

なかなか爽やかな音ではないですか、分解能がよい気がします。
しかし、低域に力がないかな。トーンコントロールでベースを+2するとぐっとよくなりました。

しばらく聞いていると、右チャンネルからボソっと音がしだしました。
歯ブラシの柄であちことつつくと、ドライバーのトランジスタを触ったときに音がするようです。

20200202010.jpg

ドライバートランジスタなのに小さい!
この右側のトランジスタです。これを外して、足をヤスリで磨き、再ハンダするとノイズはなくなりました。

これで、完動品となりました。
デザインは完璧ですが、正直に言うと音は家にある他のアンプのほうがよいです。
まあ、定価45000円ですから。。。

小売店への卸は2万円くらいと考えると、原価は1万円以下でないと採算は取れないと思います。

これに手を入れて、どこまで音質改善できるか?
少しプランがあるので試してみたいと思います。


家族日記ランキング

スポンサーサイト



プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア