FC2ブログ

冬季乗鞍岳登山(その2)

冬季乗鞍岳登山の続きです。

朝は5時起床
食事は5時半

20180306001.jpg

朝食はこんなの
サブリーダーの話では、となりの人が
「2回アタックしたけど2回とも撤退した。今度は登りたい」と言ってたそうです。
そんな、難しいと思ってなかったのだが・・・心していこう。

私は、朝食までに準備を済ませていました。
準備の遅い隊員にイライラ。あまり口には出しませんが・・・

・準備を早くして歩く時間を増やす。
・アイゼンやなんかもすばやくつける。
・歩く時間が増やせるので、ゆっくり歩ける。
・ばてないし、休まない。結果、水も行動食も減らせる。

準備が早くて悪いことは一つもないです。
そして、休まずゆっくり歩くことは何より大切です。
暑すぎたり、寒すぎたりしないから、服も減らせるし。

スパッツをつけるサブリーダー

20180306002.jpg

外に出ると、綺麗な朝焼け

20180306003.jpg

朝焼けの中、歩き始めます。

20180306004.jpg

6:30 登山スタート

20180306005.jpg

今から登るルートが赤い線
小屋で教えてもらったルートですが中央部の三角形が雪崩の可能性のあるエリア
木でプロテクトされた赤線のコースを歩きます。

20180306006.jpg

穂高連峰が見えました。一番左が槍
今日もよい天気です。

20180306007.jpg

朝日があたり、絶妙のコントラスト

20180306009.jpg

雪原に出ました。
7時20分

20180306008.jpg

シュカブラ

20180306010.jpg

振り返ると八ヶ岳
雲海と風で舞い上がる雪が幻想的です。

20180306011.jpg

肩の小屋到着
8:30 結構な風です。風速15mってところ
左側のピークが剣ヶ峰

20180306012.jpg

行くぜ!ゴールはすぐそこだ
と隊員を鼓舞します。

20180306013.jpg

朝日岳通過
10:00

朝日岳から10分くらい昇ったところで
隊員が
「アイゼン落っことした」と言い出します。

サブリーダーは「俺が行く」と判断し、素早く発見して戻ります。
私は、隊員に動かないように指示し、安全で風の当たらない場所に誘導します。

20180306015.jpg

さすがに、ハアハア言っています。3000mだからね。
ありがとう。風裏に誘導し休ませます。
そうそう、この時点で風速は25mくらいになっていました。

油断すると飛ばされます。

20180306014.jpg

ピークは手が届きそうです。
「ガンバレ!あとちょっと!」と鼓舞します。
ルートを選び、誘導するのは、リーダーの役目。
隊員をフォローし、アドバイスするのはサブリーダーの役目
最近、よく一緒に登っているので、技量も判るし安心です。

20180306016.jpg

なんとか、登頂
10:35

風は、さらに強く、油断したら本当にヤバいです。

20180306017.jpg

3人で固い握手

20180306018.jpg

ふう、キツかった。
3026m
天気が悪かったら、撤退してたかも

こんな、地獄には長い時間いれません。
早速、下山しました。

風が強いので、下りの写真はほとんどありません。
肩の小屋11:20着

20180306019.jpg

雪原にもどると、立派な枝ぶりのダケカンバがありました。
木があると安心する。
リフトトップ13:30

20180306020.jpg

下りはリフトを使えません。
長い下りを歩いて、なんとか14:00
この30分が長かった。

20180306021.jpg

車で移動して、そばを食べました。
その後、沢渡で入浴して帰宅
よく遊んだ2日間でした。

20180306022.jpg

活動距離11km
活動時間7時間45分

使ったお金
小屋代8000円
交通費5400円(ワリカン)

山のレベルとしたら初級+アルファって感じです。
しかし、日帰りでいくには、それなりの体力とスピードが要求されます。

昼頃からゆっくり登山
小屋でご馳走を食べて、朝焼けのなか出発し登頂ってのが楽しくてよいかなと思いました。

風が厳しかったけど、パーティーで力をあわせて登頂できた、思い出ぶかい登山となりました。


家族日記ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アタック成功おめでとうございます!

3000メートルの頂上付近はそんなに風が強いんですねー
酸素も薄いし体温は奪われるし・・・
隊員さんが若干へばってましたが助け合って何とか登頂成功ですね!
なるほど身支度も早めに済ませて歩く時間に当てるのも余裕のある安全な山登りには欠かせない事なんですねφ(`ェ ´ *)メモメモ...

Re: アタック成功おめでとうございます!

まぐまぐさん コメントありがとうございます。

酸素は、それほどではありませんでしたが
風は本当に強かったです。
ピッケルも加えた3本足でなんとか進むって感じでした。

満足のいく山行でしたが、頂上で景色を楽しむ余裕はあまりなかったです。
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア