FC2ブログ

石田式バックロードバスレフに挑戦

その筋では有名な石田さんという方がいます。

表題の石田式バックロードバスレフ(石田式BHBS)の考案者でネット上ではKenbeさんと名乗っておいでだったりします。
その方のブログを読んでいて、これはよさそうだと思う方式だったので作ってみました。

結果、かなりハイクオリティなものができたので紹介したいと思います。

20191113004.jpg

いきなり完成写真
現在の私の木工技術の集大成です。

20191113001.jpg

音道です。

異なる材質の木材を使うとよいような気がしたので、内部と裏面はMDFでそれ以外はラワン合板を使っています。

20191113002.jpg

組み立てるとこんな感じ

20191113003.jpg

突板はマホガニーにしました。

ユニットは、FE103-ENSですがFE108EΣとかでもマッチすると思います。

図面です

20191113005.jpg

板取図

20191113006.jpg

サブロク1枚半で2本作れます。
突板仕上げをしない場合などは、木目を縦につかったほうが美しくなると思います。

最近、音工房Zさんのメルマガでも読んだのですが、ダブルバスレフで音の大半を決めるのは第2ダクトのようです。
それを考えると、「第1キャビとショートホーンで肥大した低音をつくって、第2ダクトで調整する」
という石田式BHBSの考え方は誠に理屈に合っている気がします。

ちなみに、私の部屋では、第1キャビの下面とターミナル部分に吸音材を入れ、ダクトは30mm分(板2枚分)塞いだ状態がちょうどよかったです。
ダクトの板には100均一のフェルトを貼りましたがビジュアルもよくなりました。

しっかり、出てながらバックロードホーンほど奔放でない低音はけっこう気に入りました。
多分、低音部はピークやディップがあると思いますが、聞いた感じでは低音の量感やスピード感が長所として感じられるので短所は目立たなく感じます。
何より、部屋に合わせて調整できるのがよいです。
少し、気になる点としては特定の周波数の打楽器で、ラッパの奥で太鼓をたたいている音に感じる時があります。
まあ、構造をしっているのでそう感じるだけかもしれませんが・・・

石田さん本人が見たら、「なんじゃこれや、全然なってない」と思うような設計かもしれませんが、なかなか、満足のいくものができました。


家族日記ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして

ご紹介、ありがとうございます。

良い感じの音が出て、幸いです。
低音は、部屋の特性で左右されますので、各部屋で音が変わりますので独自で製作されて、良いところが出ればそれで良いと思います。
今後も、色々なサイズに挑戦してください。

Re: No title

kenbeさん コメントありがとうございます。

発案者からコメントいただけて感激しております。
作成してみて、ローコストであること、作成しやすいこと、作成後の微調整が効くこと
など、今までにないメリットを感じました。

部屋の都合もあり、短期間にいくつもつくることは困難ですが、機会があれば色々なサイズに挑戦してみたいと思います。

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア