FC2ブログ

ヤマハ A-5を修理(その4)

ヤマハのA-5ですが、やっと週末になったので、出来る部分の部品交換をしてみることにしました。

今回は、修理はほとんどなかったので、部品交換による音の変化を楽しみたいと思います。
なので、のんびりゆっくりと感想を書きながらやっていきたいと思います。

まずは、手持ちでストックのあったコンデンサの交換から

20200207001.jpg

メインアンプのこのコンデンサを交換します。
10uF16Vのものがついておりましたが、回路を追ってみた結果、信号系だと思われますので、同じ容量のミューズESの25V品に交換します。同じ容量の場合、ほどほどであれば、耐圧が高いほうが音が良くなることがあるように思います。

20200207002.jpg

上のコンデンサは電源系。ニチコンのFGで同規格のものがあったので交換します。
下のコンデンサはオペアンプまわり。1uF50Vおそらくカップリングコンデンサなので、1uF100Vのフィルムコンデンサに交換します。

20200207003.jpg

裏面はこんな感じ。手付けハンダではないので全体的に薄い感じがします。
記号もなにもないので、少しわかりづらいです。

20200207004.jpg

交換するFGグレード
もっと古いアンプの時は驚くほど大きさの差がありましたが、比較的新しいA-5の場合それほど大きさの差はありません。
それでも、若干小さくなります。

20200207005.jpg

メインアンプの交換完了

20200207006.jpg

電源周りとカップリングコンデンサの交換が完了

さて、試聴します。
あれれ?片方から音が出ません。
また、壊してしまったか?

でも、コンデンサの交換しただけだぞ・・・

慌てて音の出なかったほうのコンデンサを元に戻しますが、音は出ません。
入力ボタンを数回動かすと、両チャンネルから音が出ました。

犯人はここか。古いアンプなので、あちこち怪しいです。

思わぬ、トラブルがありましたが、交換するはずだった部品をまたもとに戻して試聴

少しよくなりました。
ボヨンとした固まりだった低音が分離して綺麗に聞こえます。
こころなしか、低音の量感もよくなった気がします。

少し、コンデンサ替えただけでこれだけ違うのか。他も交換するのが楽しみになってきました。

もう手持ちの部品がないので、部品の買い出しにいかなくてはなりません。

今後、
コンデンサの交換→ハンダの打ち替え→トランジスタの交換
とやっていきたいと思います。


家族日記ランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア