FC2ブログ

ソニー TA-F55の修理(その3)これにて完了

さて、完動品になったソニーのTA-F55ですが、電解コンデンサの交換をしてみることにしました。

現状でも、軽量機とは思えない力強い音で不満はないのですか、古い個体なのでやって悪いことはないでしょう。

20200421001.jpg

コンデンサは特に凝ったものではありません。
方針として、小さめのものはニチコンのFG、中大型のものは東信のUTWRZにします。
東信のUTWRZはヤマハA-5の修理の時に初めて使ったのですが、105℃品で信頼性もあるし、音も色付けの少ない素直な音で気に入ったのです。

それほど古いアンプではありませんが

20200421004.jpg

技術の進歩は部品を小型化させています。

EQアンプはこんな感じ

20200421002.jpg

カップリングコンデンサはミューズESに、その他は、東信やマルコンの105℃品を使います。

20200421003.jpg

オレンジの大型フィルムコンや銅で熱結合されたトランジスタがやる気を感じます。

メインアンプ

20200421005.jpg

小型のものは、ニチコンFGです。手持ちがそこそこあったので不足分は買い足しました。

さて、出音ですが・・・

フォノはずいぶん変わりました。
透明感が増加して見通しの良い音です。ミューズESが効いているのかなぁ?

CDも傾向は同じです。中高音の表現が精密になったように感じます。
もともとエネルギー感というか力強さは十分だったので、中高音の透明感が増したのは好みの方向です。
やっぱり、コンデンサは劣化していたのかもしれません。

しばらくは、このアンプと、テクニクスのリニアトラックで昔のレコードでも楽しみたいと思います。


電子工作ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア