FC2ブログ

ローランド SPA-240を修理(その3)

ローランドSPA-240の部品をどんどんばらしていきます。

20200626004.jpg

昨日と同じ写真ですが、残っているタンタルをチェックすると

20200627002.jpg

6個中3つがショートしておりました。

焼けているソリッド抵抗は全部とっかえるとして、
挙動のおかしかったダイオードも分解すると

20200627001.jpg

だめですたい。
オープンになっております。
ルーペで観察すると、小さい字で「22」と書いてあったので22Vのツエナーダイオードでしょう。

これも怪しいなぁ・・・とトランジスタもチェックすると全てオープンになっておりました。
規格表で調べると120V1Aの15W、コンプリの反対側は生きていたのでhFEを計ると80ちょっとでした。

こんな規格のトランジスタはあまり使いませんが、手持ちのTTC004とTTA004が150V、1.5Aなので使えるでしょう。
おそらく、電源のトランジスタか、エミッタフォロワーのトランジスタかどちらかです。

この基板は後は、抵抗とセラコンとOPアンプだけです。
おそらく、ここで破損している部品を交換すれば治るはずです。
変な電圧がかかっているかもしれないので、OPアンプが心配ですが、規格を調べると結構高圧に耐えるOPアンプのようですので、耐えてくれているといいなぁと思います。

修理の方針を立てます。
・焼けている基板の、抵抗、コンデンサ、ツエナー、トランジスタを交換する。
・オシロで確認する。
・オペアンプがめげてたら、電圧を計測して適切なオペアンプに交換する。
・音が出たら、メインアンプ基板のコンデンサを交換する。
・リレーを清掃して、バイアス調整ボリュームを交換して、バイアス電圧を調整する。

こんな感じで進めます。


オーディオランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア