fc2ブログ

ズマロン 35mm F2.8 を分解清掃

ついにライカレンズの分解に手を出してしまいました。

20201008001.jpg

それが、この以前にも紹介したニッパチのズマロンなんですけどね・・・

室内で写真を撮るとシャープなのですが、屋外だと少し眠い画になってしまうのです。
まぁ、度胸がいりました。
今まで分解したレンズは数百円から3千円くらいのものばかり。それに比べてズマロンは10万円以上します。
ざっと100倍です。壊したら後悔することうけあいです。

レンズ構成はこんな感じなんですけど・・・

20201008007.jpg

6枚のダブルガウスですね。
過去の経験から
カビや曇りが発生するのは、前玉の後ろか、後玉の前か、絞りの前後がほとんどです。
おそらく8割か9割はその部分です。

それに、ネットでライカレンズの分解を検索しても情報がないのですよ。
まぁ、やる奴はほんの少しなのでしょう。
それどころか、「レンズの分解は繊細で、素人が分解したらもとには戻せない。プロはオシロスコープなどを使って計測して組み立てている」なんて脅すような書き込みも見つかりました。

オシロスコープねぇ・・・
あるけど。レンズにはあまり関係ない気がするけどなぁ・・・

分解するにあたって方針を立てました。

・無理はしない。
・写真を撮りながら、そうっと分解する。
・出来れば、カニ目はつかわずにゴムだけで分解する。

見た感じ薄い曇りは、絞りの前後なので、前玉群がはずれればどうにかなるでしょう。

さて、はじまりはじまり。

20201008002.jpg

銘板をゴムでまわすと、銘板と内側のリングが外れました。
よく見ると、ケガキの線があります。よくわかりませんが、写真で撮っておきます。

次は一番大きなカニ目リングをめがけてゴムで回します。

20201008003.jpg

あっさり取れました。

写真を撮って
そうっとレンズを外そうとしますが、逆さにしてもはずれません。
しかし、爪でさわると少し持ち上がる気がします。
両手の小指の爪でつまんで持ち上げると、前玉群が外れました。

20201008004.jpg

上左から、銘板押さえのリング、銘板、前玉押さえ、前玉群です。

小さいのでルーペで覗くと、前玉群の後ろが少し曇っておりましたので、アルコールとシルボン紙で清掃します。
ほとんど曇っておりませんでしたが、念のため、絞りの直後の後玉も清掃しました。

20201008005.jpg

後は、元の位置にセットして、レンズ押さえをゴムで取り付けるだけです。
例によってエアーでシューってしながら組み立てました。ケガキ線の位置も分解前と同じです。
ふう。ドキドキしたけど、15分くらいで分解清掃できました。

レンズを覗いてみると、清掃前よりはクリヤになっております。
ほとんどクリヤだと思っていたけど経年劣化で少し曇っていたようです。
解決できてよかった。

20201008006.jpg

すっかり元通りです。
念のため、無限遠を確認しますが分解前と変わっておりません。

しかし、ライカのレンズを分解するのは心臓に悪いです。
ライカレンズ沼に入水中の方は素直にプロに出すのがよいと思われます。それも、ケチらずに信頼のおけるプロに出すのが一番です。


オーディオランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ライカ様

やはり敷居の高いライカ様を扱えるのはその道のプロへ頼むのが定石なのでしょうね・・・
あえてチャレンジする銀四郎お父さん!
流石ですぞー!
しかもあっさり解決してるし・・・w

Re: ライカ様

まぐまぐさん コメントありがとうございます。

さすがにライカ様は敷居が高いですねぇ。情報も少ないし・・・
今回は、簡単にばらせるところに曇りがあったのがラッキーでした。これ以上入り組んでいた場所だったらあきらめたかも。

しかし、アンプもレンズも人気のあるものは高くなりましたねぇ。
そろそろ入手も難しくなってまいりました。
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア