fc2ブログ

写ルンですレンズで超広角レンズを自作

先日、試写して意外に写りの良かった自作レンズです。

写ルンですレンズを2枚使ったもの・・・

20201101001.jpg

分解工程は省略して部品はこれだけ使います。
レンズ枠が2つ、レンズが、2つ、絞りが1つです。

これを、こんなふうに組み合わせてみようという魂胆です。

hypergon unit_thumb

ハイペルゴンです。収差の少ない超広角の銘玉です。

設計はこんな感じ

20201101005.jpg

左側は、写ルンです1枚使用のレンズの設計図。
黒い部分がレンズ押さえで、赤色が絞りです。Mマウントのボディキャップにこの取り付け方で無限遠が出ました。

右側が今回つくった超広角。
絞りを中心にしてレンズをレンズ押さえで向かい合わせに固定します。ボディキャップはNEXマウントのもの
穴をあけて、レンズ押さえを飛び出さないようにつけると、無限遠が出ました。

20201101002.jpg

レンズユニットが完成
両方の爪をテグスで固定してセロテープで補強しました。

これを

20201101003.jpg

穴をあけたボディキャップにボンドで固定しました。

UN ソニーαEマウント用ボディキャップ UNX-8517

新品価格
¥367から
(2020/11/1 22:38時点)




ボディキャップは安かったこれでばっちりでした。

20201101004.jpg

完成した姿がこれ。
けられるので、穴を何度も大きくしたり、フードも穴を広げたり、高さを低くしたりして調整しました。

しかし、APS-Cでも少しけられますね。周辺減光というには少し大きめのけられです。

20201031003.jpg

昨日もアップしたけど作例はこんな感じ。デジタルズームで1.1倍にするとけられません。
飽きそうだけど、なかなか面白い描写です。

非球面レンズの単玉、非球面レンズ2枚使用のハイペルゴンタイプをつくってみました。

次は、トリプレットかテッサーですね。期待してください。


オーディオランキング



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア