fc2ブログ

新パワーアンプの構想

最近は、昔、聞いていた音楽を再度聞いたりしています。

洋楽では、HIPHOPやプログレなんかです。
どうも、あの時代に凄い刺激的だなと思って聞いた音楽は、ずっと刺激的なままです。

HIPHOPやプログレではないですが、
フランキーゴウズトウハリウッドなんか、今聞いても先進的に感じます。

ところで、オーディオシステムの音質を決めるのはなんなのでしょう?
前にも書いたのですが、オーディオはシステムなので、それぞれが影響しあって音を決めています。

その中でも、支配的なのはスピーカーだと思うのですが、いやいや、アナログの場合カートリッジでも大きく音が変わります。
アンプも当然変わります。ゲインでいうとアナログ信号を何十倍かにしているので、それは変わるでしょう。

そうか、そうなのか。と思うと、カートリッジについている線でも音が変わってしまいます。
結局、何をしても変わるのがオーディオの面白いところなのです。

変わるのは、変わるのですが、高い商品が即いい音かというと違う気もします。特にケーブルやアクセサリーにその傾向があります。

俺のように、自作アンプをつくったり、アンプの修理をしてとっかえひっかえして聞いてみると、違うのは違うけど、どちらがいい音かは判らない。ってなことに陥るのがオチってことになってしまいます。

では、なぜ、何台も修理したりつくったりしているのかというと・・・
それすらも、判らなくなっているのが現状なのですよ。
「わしゃあ、まだ食っとらん!」

というわけで、また、夏が来るのでアンプの設計製作をしたくなってきました。

昔、修理しようとして撤退したローランドのアンプが放置しています。

過去記事「ローランド SRA-2400」

これなんですけど、製造番号が001なんですよ。それに、基板にレジストが塗っていない。
今から考えると、とても怪しい個体です。試作品とかではないだろうか?

それでも、終段、トランス、電源部は問題なさそうなので部品どりには使えます。
いっそ、このまま自作アンプを内蔵してしまったらよいのではなかろうか?

20210531001.jpg

自作アンプで高くつくのは、トランス、ヒートシンク、ケース、終段ってところです。
それが流用できるとなると、少ない小遣いでもなんとかなりそうです。

今から設計したら、夏休みの工作に間に合うかなぁ・・・


デジタル一眼ランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

結局は・・・

自分好みの音が出てればイイんですよね!
その時「イイ音や!」と思っても、数日後に聴くと「アレ?何か違う気がする」を繰り返し、泥沼に嵌っていくのがオーディオかと・・・
アンプの設計(夏休みの工作?w)楽しみにしております。
段取り8分って言いますので、念入りな設計(特に電源部)を期待しておりますね!

Re: 結局は・・・

プアオーディオ金沢さん コメントありがとうございます。

そうですね。結局、好みの音かどうかということが全てだと思います。
私の場合、それすらふわふわたよりないものです。
世のオーディオマニアはそのあたりちゃんとした物差しをもっているのだと思います。

アンプ工作はぼちぼち記事にします。
電源部ですか・・・既存のものを流用しようかと思っているのですが・・・
裸電源が±50Vくらいで、定電圧電源も±60Vくらいだったので、電源としてのクオリティは別にして100W級のアンプとしては、まぁまぁかなと思います。

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア