fc2ブログ

パンク修理

どうも、自称、「皇室ジャーナリスト」の俺です。隣の「更衣室ジャーナリスト」の次男とともにお送りします。

昨日、眞子さまの会見がありましたね。残念ながら質疑応答は中止になりました。
最後のチャンスだと思ったのですが残念です。

さて、会見の発言・・・

「圭さんが独断で動いたことはありませんでした。例えば圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました。
(略)
圭さんのすることが独断で行われていると批判され、私の気持ちを考えていないといった一方的な臆測が流れるたびに、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、いわれのない物語となって広がっていくことに恐怖心を覚えるとともに、つらく悲しい思いをいたしました。」

えー、そこ?
間違った情報とか、いわれのない中傷ってその部分だったのと、日本中がずっこけたことと思います。

というところで、本題のパンク修理の話になります。

先日、マンションの廊下に自転車を置いているとパンクしておりました。
前輪なので、クイックを緩めて前輪をとりはずして、タイヤを外します。
外すときだけ、タイヤレバーを使います。つっこんで左右に動かすと、チューブが噛んでいるかどうかは手ごたえでわかります。

タイヤの片方のビートが外れたら、チューブを取り出します。
口金は最後です。十分ビートを広げて取り出さないと、フレンチの場合、金具が痛みます。

20211027001.jpg

口金のすぐとなりに穴が開いていました。
タイヤに異物は刺さっていなかったので、なんだろう?経年劣化かとも思いましたが、少し傷のついた感じでした。

いずれにしても、出先でなくて、自宅でパンクするあたり、ついているなぁと思います。
チューブは軽量なR-AIRで、修理はダイソーののりとパッチです。

修理が完了したら、チューブを戻します。

20211027002.jpg

今度は、最初に口金を入れます。同じく金物を傷めないように・・・

口金が入ったら、空気を少しだけ入れます。こうすると、よじれなく綺麗にリムの中に納まります。
タイヤをはめる時は、レバーは使いません。順番に押し込んでいきます。
最後の入りにくい部分は、丁度反対側のビードをつまんで、リムの深い部分に押し込むと簡単に入ります。

最後に、口金を押し込んで、ビードの向こうに口金部分のチューブをもっていくと完成です。
ざっと、チューブがはみ出ていないか確認して空気を入れて完成です。

書くと長いですが、パッチを貼る時間を除くと10分弱ですかね。
穴を探して、のりを塗って乾かして、パッチを貼るのは時間もかかるし神経も使うので出来たら出先ではしたくないです。

何か、もっといい方法があったら、情報交換お願いします。


デジタル一眼ランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ようやくこの騒動も眞子さんが降嫁され民間人になられたことで、終息に向かいそうですね。
今回の事で感じたことは、意外に日本人は保守的だな、ということです。
象徴天皇制は戦後GHQが騒乱を招かないために、妥協で設置した制度。本当はアメリカの如く、共和制を敷きたかったのでしょう。

70年経ってそろそろ真の民主的体制に移行しても良い頃なのに、世間では世襲が蔓延っています。
政治家、芸能者等々、日本人の心の中に中世的なマインドの尻尾が退化せず引っ付いている。

そろそろ自分たちの真の代表者は自分たちで選ぶ事にしたら良いのでは?
今であったものに縋る、誰かに決めてもらったものに従う、では自主の市民意識は何時まで経っても育たない、嘆かわしいです。

眞子さんの支度金1.5億を税金の浪費だ、などと主張する方もいますが、今朝の新聞を見ると、例の安部のマスクが115億分もデットストックに成っているのだとか、その他にも単位の違う税金の無駄遣いは沢山有ります。追求の方向が理解できません。

天皇家は民間に下がられても決して尊敬を失われることはありません。日本の名家として繁栄されるでしょう。
経済的にも今以上に潤われることと思います。
日本人は冷静に進歩していってほしいものです。

Re: No title

鉄缶さん コメントありがとうございます。

私は年齢とともに、右傾化しており、皇室を支持しております。なので、同意はできませんが、鉄缶さんの考え方は筋はとおっていると尊重します。

今回の問題は、根本はKKのグレーな部分、そして説明不足に起因していると思っていますので、皇室の是非とは切り分けるべきと思っております。なかなか不可分とは言いきれませんが・・・

何よりも、「皇室不要」といっている方のうち、どれだけが、立憲君主制を捨てて共和制になる。あるいはそれに近似する国の形の変更が必要であることを理解しているのかなぁ・・・と思っております。
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア