fc2ブログ

キヤノンのレンズ

北京オリンピックを見ております。

スノボで空中をクルクルまわる選手の顔のアップなんかを見ると
「こんな写真が撮ってみたいなぁ」などと思いますが、そんな機会はないのでしょうね。

撮りたければ、ニコンZ9、キヤノンR3、ソニーα1なんかの高性能カメラと600mmF4なんかの高性能レンズが必要になるのでしょうか?250万円コース?

一方、オールドレンズの世界では、マウントアダプターのおかげで、どのメーカーのレンズもシームレスに使えるようになりました。
なので、そういう写真を撮る人は特に「ニコン派」とか「キヤノン派」とか言わなくなりました。
どこのレンズも使うし、どこのボディも使うからです。

それに複数のレンズを使ってみると判るのですが、時代によってメーカーの特色も変化します。
結局、ボディもレンズも自分の撮影スタイルに合うのか、使ってみなければ判らないということです。

でも、高価な機材を買う時は悩ましいですねぇ・・・失敗したくないし・・・
なので、野鳥用機材を手に入れようという俺は悩んでおります。

オールドレンズは安いので、試してみればよいと思います。
キヤノンのレンズなんかも安くていいですねぇ。

メインで使っているのはこれだけあります。

20220215001.jpg

FD28mmF2.8 SC、FD50mmF1.4 SSC、NFD70-210mmF4
です。
どれも、良いレンズです。他にもFL50mmも持っているのですが、最短撮影距離が60cmと長いので使わなくなりました。

上のレンズは28mmが30cm弱で50mmが45cmです。ズームの70-210もマクロモードがあり撮影倍率0.23くらいまでイケます。

この時期のキヤノンのレンズは、現代的な写りをします。開放でもかなりシャープだし、発色もコントラストもいいです。
しかし、突然ボケが崩れる時があります。
まぁ、わざとでしょうね。シェアを伸ばすために、かなり思い切った特性にしている感じです。

気になるのは、分解すると、レンズが固定されておらず、ロシアレンズのように積み重ねているだけの群があったりします。
このあたりの工夫でコストを抑えているのでしょう。
その所為かどうかは判りませんが、FD50mmF1.4などは、「凄いレンズだ」とする一方、「ボケ玉で使えない」とする意見もあります。SCとSSCを持っているユーザーから片方は全然写らないという意見もありました。個体差の大きかった時代なのかもしれません。

さて、作例です。
すべて、ほぼ最短撮影距離で開放です。

28mm

20220215002.jpg

広角でこのボケ

50mm

20220215003.jpg

ちょっと滲んでいるようですが拡大するとシャープです。
もう少し離れると、はっと浮き出るようなピント面の分離をします。

70-210のマクロモード

20220215004.jpg

ズームレンズのマクロモードでこの描写です。

アタリハズレはあるかもしれませんが、どれもオススメのレンズですね。
オールドレンズらしさは少し薄い気もしますが、だれもが「古いのによく写るなぁ」という描写です。

それでも、逆光でフレアが出たり、光線の具合で急に描写が悪くなったり、ボケが崩れたりとオールドレンズならではのネガもちゃんとあります。
一眼レフの時代と比べるとミラーレスになって、そういう変な描写を回避したり活かしたりするのも楽になりました。

安いし、こういうしっかりした描写が好きな人には、本当にお勧めできるレンズです。


デジタル一眼ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ!、28mmF2.8s.cと70-210mmF4は私も所持しています。ピントリングとズームリングが独立している80-200mmF4の方が描写は良いのですが、70-210mmの方が小さく、またMFで使うとなるとワンリング、直進式ズームの方が使い易いんですよね。

オールドレンズで一番怖いのは片ボケですね。多くは中古での個人売買なので文句、返品出来ませんしね。今までに3本かな?、失敗しています。単焦点のカビ取りくらいはいつか自分でやろうかと思っていますが、片ボケを治すとなると多分私には無理だろうなと。

Re: No title

BigDaddyさん コメントありがとうございます。

そういえば、BigDaddyさんはFD50mmF1.4の無印もお持ちだった気がします。
ほとんど、被っていますね。

片ボケですか・・・怪しいレンズは今まで何本かありましたが、気に入らない場合はすぐに処分します。

原因としては、衝撃によるどこかの歪み、ホコリなんかの混入による光軸のズレ、それぞれのレンズの公差の累積誤差
などが考えられますが、普通の日本製の一眼レンズは、バラしても調整個所は存在しないので直すのは無理だと思います。

丁寧にばらして、清掃してグリスアップして組むことで、運よくホコリが取れてくれたり、レンズの回転によって公差の誤差が吸収されたりして改善することもあるかもしれませんが、あまりそんな経験もないですねぇ。そもそも、運ですし。
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア