fc2ブログ

人生の残り時間

この前、おやじキャンプをしていて、焚火しながらいろんな話をしました。

まぁ、ほとんど下ネタです。
誰それのチンコはでかかったとか、誰それは若いころデブ専だったとか・・・
これで、職場では皆さん重職なので、笑ってしまいます。

そんな、与太話の中で、「人生をどんなふうに閉じるか」みたいな話になりました。

俺は、昔から、晴耕雨読とか、自給自足みたいなものに対する憧れがあるので、そんな話をしました。
若いころから、好きな勉強をしてきましたし、好きなように生きてきたので、その部分は満足ですが、死ぬのは嫌です。
それでも、この人生でやるべきことをやって、子どもも独立して、自然の中で
「自分が、自然の一部であり、今まで生かされてきたのだ」と納得出来たら、人生の閉じ方としてまぁまぁでははないか
と思います。

お金持ちや、ハリウッドスターなんかが老後を牧場で過ごすのなんかのイメージに近いです。

俺ももう初老です。
もう、そんなに自由になる時間はないので、大事に時間を使いたいと思います。

年を取ると、時間が短く感じるといいます。
なんでも、10歳の1年は1/10だけど、50歳の1年は1/50だからという理屈らしいです。

横軸を年齢xとして、縦軸を1/xとしたグラフはこんな感じ

20221026001.jpg

赤い部分が残りの人生 これを「体感」のグラフとします。

体力はどうでしょう?25歳くらいをピークとして落ちます。

20221026002.jpg

赤い部分が残りの使える体力 これを「体力」のグラフとします。

時間はどうでしょう。子どもの頃は時間があるけど、仕事をして、子どもが生まれると減り・・・

20221026003.jpg

子どもが独立して、仕事をやめるとまた増えます。
赤い部分が残りの時間 これを「自由時間」のグラフとします。

他にも、いろんなパラメータがあるとは思いますが、人生の残り時間というのも、思いのほか少ないのかもしれません。
「メメント・モリ」というか、人生の残り時間を意識して生きなきゃなぁ とよく考えます。


デジタル一眼ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア