fc2ブログ

ウソではないよなぁ・・・

最近、新しめのレンズが欲しくて色々調べています。

俺の持っている新しめのレンズってどれだろう?
タムロンのA09・・・
古いな
シグマのミラーレス用のライトバズーカ・・・
これは新しいけど、鳥とスポーツ用
キヤノンの初代ナナニッパ・・・
うーん。1995年ですって。30年前じゃん

最近のレンズは解像力があって、コントラストに優れ、ボケが綺麗です。
どのメーカーも似た描写を目指しているのか、似たレンズになっており、オールドレンズの様な面白みはありませんが、ひとつもないってのもねぇ。

APS-C用の50mmくらいのレンズが欲しいのですよ。
換算75mm
明るかったらボケる。

でね、ボケって、有効口径で決まるのですよ。

ボケの式

これですね。

なので、50mmF4なら12.5
50mmF2.8なら17.9
50mmF1.4なら35.7
になります。

なので、F4とF2.8ならば1.4倍くらいボケますし
F4とF1.4なら2.9倍くらいボケます。

これは、相対比なので、同じ明るさでレンズの焦点距離が長くなったらボケますし
対象が小さくなって寄ればボケます。
一定までボケてドロドロになったら差は判りません。

どの程度のボケを求めるかで払う金額が変わるのですが、
ボケを意識した写真を撮る場合、個人的には50mmでF2、85mmでF2.8くらいは必要だと思っています。
これは前にも書いたと思います。

これが、50mmでF1.4、85mmでF2になると大満足ですね。

20231128001.jpg

ズミクロン F2 開放

20231128002.jpg

A09 75mm F2.8開放

ピント面の細密感とボケの綺麗さ、ボケの推移のなめらかさ
が立体感を生むと思っています。

どちらも素敵な描写だと思うのですが、現代レンズだったらどうなるのだろう?
狙っているのは50mmF1.4クラスなんですけどね。

でね、この記事

うーん、嘘ではないよなぁ

大三元レンズ買わなくても小三元レンズで充分という内容で
(大きなボケがほしければ)「望遠ズームレンズのテレ側(最も焦点距離が長い方)を使うことで解決できます。」
なんて、書いてある。
それに、作例は100-400のズームで小さい桜写しているし・・・

ウソではないですが、そのまま信じるのも問題があると思います。
第一その理論だと、大三元レンズのテレ側使ったらもっとボケると思います(笑)

似たような話で
「NISAはオルカン1本でいけばよい」という記事も見ます。
記事を読むと
「世界中の株式をバランスよく配分しているので・・・」
なんて書いていますが
オルカンはアメリカ61%、EU12%、日本5% 残りの20%くらいが残りの国の株式です。

あんまり、世界中の株式をバランスよく配分しているとも思えませんねぇ。
ここしばらく調子が上がっているのは、アメリカの調子がいいからです。

ひろゆきさんは
「嘘を見抜く力」というような事を言っていましたが
「嘘ではないけどちょっと」
ってのも沢山あるので注意が必要だと思いました。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

非常に興味深いです

ボケが数値化できるという事を初めて知りました。
一つ賢くなりました。ありがとうございました。

僕は被写界深度に重きを置いているので、少し絞る派です。
特にレフ機で人物を撮る時や望遠レンズの時は絞ります。
理由は意図した方の瞳のピントを外してしまったり、ボケ過ぎて顔のパーツにピントが来なかったりするからです。
被写界深度の計算は、こんなサイトを参考にしてます。
https://depth.shin.cloud/

大三元はFマウントで標準ズーム、小三元はFマウントの望遠ズーム、Zマウントの広角ズームを所持していますが、Fマウントの小三元の望遠は開放だと所謂レモンボケになります。
なので、綺麗で大きなボケが欲しければ、やっぱり大三元のテレ端の方がいいと思いますね。

再びNISAのお話が出たので、DCじゃない寝かせている口座を確認して来ました。
オルカンは購入していませんが、比較的構成比の近い先進国ETFは成績悪かったです。
でもS&P500をはじめとする米国株はボチボチといった所でしたね。
何と言っても円安の影響が大きいですね。
円ベースの賃金では海外生活が苦しいので、財布を増やすように努力しています。

Re: 非常に興味深いです

tsunomagariさん コメントありがとうございます。

tsunomagariさんほどのベテランになれば、数値化は知らなくても感覚的にはお分かりだと思います。
昔のベーシックな手法では(甘く撮りたいときは別にして)「少し絞る」でしたね。

少し絞ると、急激に描写が良くなりますし、レフ機の場合はピントの精度も怪しい上に、絞り込みによるわずかなピント移動もありました。
私も、昔は少し絞ることが多かったのですが、デジカメになってから、撮影コストが実質無くなったので、ボケもブレも怖くなくなり開放も昔よりは多用するようになりました。

NISAやオルカンの話が最近多いのですが、何か経済や貨幣価値が大きく変わりそうな予感がしております。
それに対する確固たる考えはまだ持ち合わせていないのですが、しっかり考えて適切に動くべき時期の様な気がしています。

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア