fc2ブログ

レンズの立体感(続き)

昨日から書き始めた、レンズの立体感についての続きです。

レンズの立体感を左右する要素として
・パース
・陰影
・ボケ
・精密感
があるのではないか?と書きました。

昨日は、パースと陰影について書きましたが、今日はボケと精密感について書きます。

・ボケ
についてですが、人間の眼ってボケって基本的に出ないんですよねぇ。
出るとしたら、老眼鏡をかけて少し近くを見るときくらい。
その時の雰囲気はボケを表現した写真に似ていると思います。

そして、両目で見た場合、意識を集中した対象物が少しだけ浮き上がって見えます。
片目をつぶって見るのと比べると、この浮き上がりがないのが判ります。
おそらく、これが写真のボケが立体感を感じるメカニズムだと思います。

で、立体感に影響を及ぼすボケの要素については2つ
ボケ味とボケの推移があると思います。
ボケ味は綺麗なほうが立体感を感じやすく、2線ボケやざわついたボケなどは別のものに見えてしまったりしてそこに意識が集中するので立体感を感じさせる邪魔になるのではないかなと思うのですが、個人的には、あまりに綺麗すぎるボケ味もわざとらしく感じることもあります。
ボケの推移については、なめらかなほど自然に見えますし、急峻なボケの変化は、昨日言った「被写体の分離効果」は大きいものの、「切り取ったような写真」になりがちな印象を受けます。
ちなみに、ニコンは三次元的ハイファイの解説で「ピントが合っているところから、ぼけかけたところ、完全にぼけたところまでの連続性を重視し、立体感の向上を図っています。」という事を言っています。

最後に
・精密感
についてですが、たぶんあればあるほどいいのでしょうね。
有名な話で初期型ズミクロンの解像度は測定限界以上の280本以上/mmだといいます。

ズミクロンの拡大

フィルム時代独特の立体感を複数回感じたのは、リコーGR、ズミクロン、マミヤ645の80mmでした。
まぁ、マミヤはフォーマットが違うのでなんともいえません。
しかし、ズミクロンは柔らかいレンズなので、少し眠い印象を持つ方もいると思います。
海外で、立体感と「マイクロコントラスト」の相関の記事をよく見ますが、このあたりよくわかりません。
というのも、MTF曲線の30本/mmのカーブが高い数値を示していてもあまり立体感との相関を感じないのです。

それに

20231205003.jpg

ズミクロンの写真なんですが、逆光で撮っているためフレアを沢山出しています。
その割には、立体感も失われておらず、縮小前の写真を拡大するとネコのマツゲまで綺麗に解像しています。

とはいっても

20231205001.jpg

ペンタックスMの35mmF2.8なんですが、妙な立体感というか生々しさを感じます。
陰影の表現は見事ですし、ボケも悪く無いですが、解像度はたいしたことありません。

これも

20231205002.jpg

陰影もいいし、ボケも悪く無いのですが、解像度はたいしたことないですが、妙な立体感があります。

なので、今のところ
解像感はあればあるほどよいが、立体感を左右する大きな要素でもないのかな?
と感じています。

俺は、立体感のあるレンズが全てではないと思っています。
もちろん好き嫌いはあるのですが、どんなレンズも使い手次第で、やりたい表現に合っているかだけだと思っています。
とはいえ、こうした記事を書くときに、ペンタックスのレンズに対して「なんかいいなぁ」と言っている比率が高いのは何なんでしょうねぇ・・・

昨日、最初に書いた通り、この2日で書いたことは、それほど自信のある内容ではありません。
今のところ、個人的な感想ではありますが、立体感のあるレンズの特徴として
・35mmから100mmくらいで
・陰影の階調表現に優れており
・ボケ味が良く、ボケの推移がなめらかで
・精密感のある描写をする
レンズがよいのではないかなと思っています。

何度も書きましたが
ズマロン35mmF2.8、ニッコール35mmF2
ズミクロン、タクマー55mmF1.8
FA77、ニッコール105mmF2.5
などに、俺は独特の立体感を感じます。
タムロンのA09も好きです。まぁズームなので単焦点とは比べるものでもないですけど。

これに、新規導入した現代レンズと、古い設計のレンズを加えて実験をしたいと思っています。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

このネタですね!。

以前も何度かブログに書いていると思うのですが、立体感=大きなボケ、これを言う奴はアホだと思っています。でも日本ではこの図式で語っている人が多く、その点は銀四郎父さんと同じ思考だと思います。

ただ、では立体感とはなんぞや?、となると判らんのですよ(笑)。唯一、浅い深度で撮影したポジフィルムをライトボックス上に置き、しっかりとしたルーペで見た時、これには立体感があると感じていて、それがプリントになるともう感じないんですよ。当然デジタルの今も感じていません。

銀四郎父さんとは異なる観点から考察すると、フィルム時代晩年、森山大道の真似?、ISO1600のフィルムに無茶苦茶凝っていた時期があって、当然日中だと絞るしかなくボケは期待出来ません。でもこれがプリントした時でも、かつ曇天で光が全体に一定に回っている状況でも立体的に見える時があって、さらには夜散歩ではF1.4~F2.8での撮影、それらの写真は美しい程の造形美?、とでも言いましょうか?。う~ん、違うな、ちょっと日本語の表現が判らんですねぇ。

何が違うのだろうとずっと思っていたんですが、粒子じゃねえかなぁと・・・。粒子の粗さが造形美を醸し出している気がふとしたんですよ。ポジフィルムをルーペで見るとISO50、ISO100クラスでも粒子が判ります。点描画ってなんか立体的に見える時ありません?。それと同じなのかなぁと。

それが幾つかの写真で、光の当たり方とか、使用レンズが一番威力を発揮するワーキングディスタンスで撮影されたとか、被写体と背景の距離によるボケ具合とかで立体的に見えるのかなぁと。

んで、今、私が一番欲しいのはブログに書いた通り、被写界深度から外れた瞬間から一気にボケる癖レンズ。これってやはり立体的ではなく、平面、絵画なんですよ。ムンクの絵画を連想するような癖のあるボケ!(笑)。

ポートレートは昔極めまして、私は「肉眼で見たような生っぽい写真」と表現していて、立体感に通じるかなと。これは明らかに光なんですよ。レフでどう当てると生っぽくなるかとか色々とやっていましたね。ワーキングディスタンスだけでも変わってきますしね。でもこれもレンズの話じゃないんですよね。意外とフラッシュをポン!、で生っぽくなったりもしていました。

Re: No title

BigDaddyさん コメントありがとうございます。

あー、判りますよ。ポジフィルムをライトボックスで見たときの生々しさ。
後は、BigDaddyさんのブログで見た夜写真も独特の生々しさを感じたことがあります。

粒子感ですか、少し研究してみます。
私のブログのモノクロ写真もエフェクトで粒子を足していたりします。

BigDaddyさんのお話を伺った感想ですが、ポジフィルムのルーペ、夜写真、増感したスナップ、粒子感、どれも肉眼で出ない雰囲気のものに立体感を感じておられるように感じます。
となると、「立体感」への感じ方そのものに個人差があるのでしょうね。このあたり、ブログの本文でも書いた、「よくわからなく、整理されていない」部分なんです。

立体感のあるレンズが全てではないですし、平面絵画のムンクのような表現もいいですよね。
少し前に買ったタムロンのQZ-35は面白かったです。気に入ったのでキープしています。
http://ginshiro2001.blog.fc2.com/blog-entry-2654.html

そういえば、私も昔、森山大道ふうの写真を撮っていました。
増感して、硬調なマットの印画紙に焼いていたのですが、私の場合はコピーのようになっており、それはそれでカッコイイと当時は思っていたのですが、立体感は全く感じませんでした。
たぶん、やりすぎだったのだと思います(笑)
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア