fc2ブログ

伝統ある山岳会

さて、私、このたび山岳会を立ち上げることにしました。

その名を「伝統ある山岳会」といいます。

って
カメラバカにつける薬
このネタのパクリなんですけどね。

皆さん、自由に参加してください。
コメントで「参加します」と下さればOKです。
以降は、「『伝統ある山岳会』で登山技術を学んだ」という事ができます。

俺は、個人的にリアル社会でも、友達と一緒に活動をやりますので、近くにいる方は参加してくださっても構いません。

俺も昔は、個人的に山の会をやっていたこともありますが、それほど続かなかったですね。
それどころか、昔からの山の友達も、「お前との山はきつい」と一緒に行ってくれなくなりました。

まぁ、俺にプランを任せるからそうなるんだよ。
プラン立ててくれたら喜んでいきます。
それに、体力のない人と一緒ならそれなりに、そういうプランを立てるのだけどね。

山は、人に習ったほうがいいです。
少し前に息子たちに山のルートファインディングについて聞かれたことがあります。

今の時代なら
・オフラインでも使える地図の入ったスマホと予備バッテリー
・山岳地図のコピーとコンパス
は前提として

山の中での稜線の見つけ方、地域によって異なるコーステープの見分け方(植林の伐採マークもある)
植生の変化や踏み跡のわずかな感触の違いや枯葉の砕け方
などを総合的に判断して歩くのですが、息子は「そんなふうに歩いていたんだ」と驚いていました。

そういうのも、俺は人に習いました。人に習って自分一人で実践してすこしづつ見分けられるようになったのです。
ネットでの情報は無意味だとは思いませんが、面白いだけの情報は大切な情報がマスキングされて、自分も出来そうな気になるので要注意です。

「伝統ある山岳会」の話は半分冗談ですが、自然相手の遊びなので、慎重に虚心坦懐に先人の意見を聞くという態度で臨むべきかと思います。

デジタル一眼ランキング
デジタル一眼ランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

カメラバカがお気に入りになられてるようで、僕も嬉しいです(笑)

生死に関わりますから、山は難しいのでしょうね。
例の宝塚の爺さんのお兄さんは山でザイルを切らなければならない状況に陥り、亡くなられたそうです。
ご両親から何をやってもいいが、山だけはやるなと言われたって昔話を聞かされました。

僕も素人のくせにロングライドによく出掛けますが、誘っても誰も来ないだろうと思って、いつもソロでした。
でも最近は僕なら誘ってもついて来てくれるだろうと言うことで、連日のハードなロングライドのお誘いが必ずやって来るようになりました(笑)

Re: No title

tsunomagariさん コメントありがとうございます。

カメラバカ面白いですよね。教えていただき感謝しています。

山はちゃんと取り組むかぎり、リスクは最小限に出来ると思います。
一朝一夕に楽器ができないことや、スキーが滑れないのと同じです。
真面目に技術を身に着けることが大切な遊びです。
といっても、仰る通り生死にかかわるのも真実ですね。ピアノの練習をさぼっても生死にはかかわらないですものね。

ハードなロングライドに毎回誘われるのも微妙ですね(笑)俺の山もみんなそう思っているのかなぁ・・・

プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア