FC2ブログ

ピュアオーディオシステムの入れ替え

言うことを聞いてくれないアンプ、CA-800にも疲れたので、メインシステムの入れ替えを行いました。

アンプはこれ

20200222003.jpg

サンスイのAU-9500です。
去年の秋にオーバーホールをしましたが、満を持しての登場です。

パイロットランプのレンズが欠品してましたが、トリオのアンプのレンズがありましたのでつけておきました。
ブルーに光ってなかなかの雰囲気です。

レコードプレイヤーもこれに交換しました。

20200222004.jpg

デンオンのDK-100にDP-3000、トーンアームはDA-307です。
カートリッジは最近お気に入りのテクニクスEPC-270Cを使っております。

とりあえず70年代の最高の機材というのをテーマにしてみました。
音はというと、なかなかのものです。
このアンプの低音感は本当に独特のものがあります。

前のテクニクスのSL1200Mk5とテクニクスコンサイスのアンプの組み合わせも非常に良かったですが、今回の組み合わせは音に余裕を感じます。

今日はそのほかに、ブドウの木の選定もしました。

20200222001.jpg

ビフォー

20200222002.jpg

アフター

今年も沢山の実をつけてくれるといいなぁ。


電子工作ランキング

ヤマハCA-800を修理(その4)

修理中のヤマハCA-800ですが、なにをやっても変化がありません。

初心に戻って、改めて症状をチェックします。
まず、メインアンプだけの症状かどうかを確認するために、プリとメインを切り離します。

症状は変わらないので、やはりメイン部分の問題だと思います。

引き続き、ノイズが片チャンネルからのみ出ているかチェック

妻と一緒に左右のスピーカーで音を聞きます・・・

あれ?ノイズは両方から出ている気がします。
やはり電源基盤かな?前はリレーか何かの関係で片方からしかノイズが出なかったのでしょうか?
でも、片方のチャンネルからDCが出てその影響で両チャンネルからポップノイズが出ているのかもしれない。

とりあえず、電源基盤のチェックをします。

よく基盤を見ると・・・

20200221001.jpg

ハンダクラックがあるように見えます。
これか・・・熱で伸び縮みするので時間差でノイズがのるのかも。

20200221003.jpg

古いハンダを吸い取って打ち換えしますが、改善しませんでした。
残念。

再び本気モードになり

半導体をかたっぱしからチェックします。

20200221002.jpg

ダイオード問題なし
足を磨いて再取り付け

20200221004.jpg

トランジスタも問題なし。
一応代替品に交換しますが、ノイズに変化はありませんでした。
足を磨いて再取り付けします。

高耐圧の2SA671と2SC1213は2N5551と2N5401が使えました。

しかし、変化なし。

うーん。困りました。もうやれることはないかな・・・
楽勝かと思ったアンプですが、あと一歩のところでうまくいきません。

しばらく、離れてみるか・・・


電子工作ランキング

ヤマハCA-800を修理(その3)

うーん、うまくいかないなぁ・・・CA-800

楽勝かと思っていたCA-800ですが、うまくいきません。

まずは、リレーの清掃

20200220001.jpg

それほど汚れてはいませんでした。
組み立てて音を聞きましたが、症状はかわらず。まあ、これは違うと思っていたけど。

引き続き、メイン基板のコンデンサ交換

20200220003.jpg

そんなに数はないので全部交換します。
しかし、症状はかわらず。コンデンサ容量を計ってみると全て異常なしでした。

もう怒った!本気出す!

と、トランジスタを片っ端から交換します。

20200220002.jpg

メイン基板の2SK30はストックがあるので交換。目玉模様の2SA572も2SA992に交換。

何も変わりません。ノイズの出方も同じ。

シルクハット状の2SA561と2SC734も2SA1015と2SC1815に交換

何も変わりません。

そのうえ、左右でトランジスタがかなり違うのに、私の耳では左右から出てくる音が全く同じに聞こえます。

うーん。何か見落としているはず。
時間差で、ノイズ・・・コンデンサでないとしたらやっぱり温度に関係しているのかなぁ?


電子工作ランキング

ヤマハCA-800を修理(その2)

ヤマハのCA-800ですが、昨日はなんとか音が出るまでこぎつけました。

今日はここ

20200219002.jpg

クラスA切り替えのマイクロスイッチです。
どうも、ヤマハのアンプはここが弱点になっていると思います。A-5はこれがないという点も好きになりました。

外して、抵抗値をはかってみるとよくわからない数字です。やっぱりスイッチとして機能しておりません。

20200219003.jpg

同サイズのオムロンのマイクロスイッチに交換します。
ついていたのは10Aだけど、これは15A。よくわからないけど安全側かな。

後は

20200219001.jpg

入力切替のスイッチとプリとメインを切り替えるスイッチの掃除をします。

20200219004.jpg

メインボリュームも清掃
アルコールを注射してぐりぐり回して、エアダスターで乾かして、ほんの少し接点復活材を吹き込みます。

組み立てて音を聞くと・・・

完成です。綺麗な音を出してくれます。

しかし、スイッチを入れて30秒後くらいにプツッと音がします。
どうも左側から鳴っている気がします。

時間差で、ノイズが出るってことは、コンデンサかトランジスタではないかな?
後は温度によるハンダクラックか・・・

20200219006.jpg

こっちかなあ?(電源基盤)

20200219005.jpg

こっちかなぁ?(メイン基板)

とりあえず、リレーの清掃をして、部品を少しずつ交換して様子を見てみます。

あと少しだ・・・


家族日記ランキング

ヤマハCA-800を修理(その1)

ヤマハのA-5が落ち着いてきたので、新しいアンプの修理を行うことにしました。

20200218001.jpg

これね
ヤマハのCA-800です。ドフで「電源入ります。音出ません」を買ってきました。

綺麗な個体ですが、音が出ないのか・・・

早速あけてみました。

20200218002.jpg

裏面のネジをはずして、リアパネルを押すとズルリという感じで抜けてきます。

20200218003.jpg

結構、汚れていますね。
でもホコリだけで嫌な臭いとかはないです。

最初は目視で・・・

20200218004.jpg

イコライザ基盤のなんか嫌な感じのヒューズ抵抗
はずして調べると

20200218005.jpg

47Ωのはずが1.9KΩになっておりました。しかたないので47オームのカーボン抵抗に交換します。

トーン基盤にも

20200218007.jpg

220Ωですが

20200218008.jpg

580Ωほどに変化しております。

電源基盤のヒューズ抵抗は無事でした。
スイッチを入れてみると、おお!プロテクタがはずれます。いい感じ。

20200218006.jpg

左右のチャンネルとも大きなDCもACも出ていないようです。

スピーカーをつなげてみると、うーん。まったく音は出ません。

メインアンプだけで音を聞くと・・・
ひどい音ですが音は出てきます。

Aクラス動作をさせると少しましな音がします。
AB級で作動させてB電源の電圧を測定すると

20200218009.jpg

ほんらい50Vくらいのはずが0.6Vしかありません。ダメだこりゃ。

なんとなくですが、セレクターの接触不良とマイクロスイッチかな。
このアンプ買ったときに、マイクロスイッチは予備で買っているのでストックがあります。
楽勝コースかな・・・


家族日記ランキング
プロフィール

銀四郎お父さん

Author:銀四郎お父さん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア